頭痛の7割はストレスから?

現代の日本人が抱える頭痛の約7割が、緊張型頭痛だといわれています。緊張型頭痛といえば、原因のほとんどがストレスからくるもの。

 

ストレスと現代人は切り離しようがなく、なかなかストレス解消できないために頭痛に至ってしまう人も多いのでしょう。

 

ここでは、ストレスからくる頭痛の症状や対策法についてお話しましょう。

 

ストレスは心身ともに

 

ストレスとというと、精神的な苦痛が重なったときに生じるものだと思い込んでいる人もいます。しかし実際には、精神的な苦痛だけでなく、肉体的な苦痛を感じたときにもストレスは発生するのです。

 

例えば、日々なんらかの活動をしていれば肉体を使うことになります。それだけでも体にはストレスが生じ、肉体疲労となって残るのです。

 

通常は睡眠によって解消される一日の肉体疲労も、睡眠不足が多い現代人には疲労からの回復自体が難しいかもしれません。

 

良くない姿勢、運動や仕事のしすぎ、紫外線の浴びすぎなどによっても、肉体疲労は起こります。精神的なストレスと共に、解消に気をつけたいものです。

 

リラックスできる時間を作る

 

ではどのようにしてストレスを緩和させればよいかというと、食生活と生活習慣の両面から改善することが必要です。

 

例えば、帰宅したら入浴したりマッサージをして疲れをとる、睡眠はしっかり熟睡できるくらいの時間をとるようにすることが大事です。

 

家にいないときには、疲れたなと思ったらこまめに休憩を入れるようにしましょう。遊びで外出しているときでも、首や肩のコリがたまらないように時々緊張をほぐすようにしてください。

 

食生活では、アミノ酸を多く含んだもので筋肉疲労を回復させる、適度に甘いものをとって脳に栄養を与えるなどが効果的です。