頭痛と女性ホルモンの関係

女性には偏頭痛が多いと昔からいわれてきましたが、その理由は女性ホルモンに関係があるといわれています。

 

女性の身体は、思春期から始まる月経や妊娠、出産、更年期に至るまで、女性ホルモンのリズムに健康状態を左右されます。

 

頭痛もその一つで、女性が頭痛を抑えるためには女性ホルモンの良いおつきあいを考えていく必要があります。

 

エストロゲンとセロトニン

 

女性ホルモンの種類には、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。これらのホルモンが月経前後には大きく波打ち、体調に変化を与えるのです。

 

特に、エストロゲンが減少してくると脳内物質のセロトニンが脳血管を拡張させる動きを始めます。脳の血管が拡張しすぎると頭痛が起こるため、エストロゲンが減り始める排卵日や月経のスタート期には注意しておいたほうがいいでしょう。

 

頭痛に悩まされがちな更年期

 

妊娠によって女性ホルモンの分泌が安定してきても、出産によってまたホルモン分泌の変動が回復し、頭痛が増える人もいます。

 

出産後は特に、育児も家事もと忙しくなり、ストレスで参ってしまう人も多いものです。それも過ぎて安定の時期が訪れても、中年以降の更年期になるとまた女性ホルモンのリズムが乱れてきます。

 

今度は閉経を迎えるにあたってのリズム変動になりますが、更年期による諸症状は頭痛だけにとどまりません。

 

めまいやのぼせ、肩こり、倦怠感や焦燥感、イライラなど、精神的にも肉体的にも苦しめられる人がおり、全ての症状が出ないとはいえ複数の症状に悩む人も多いのです。

 

更年期には余計なストレスを抱えないような過ごし方に工夫し、頭痛を緩和させられるようにしておいたほうがよさそうです。