飲酒による頭痛

お酒を飲んだときにどんな状態になるかは、個人によって差があります。飲んだ後の頭痛にも2種類あり、お酒自体が頭痛の原因となるタイプと二日酔いが原因となるタイプとがあるのです。ここでは、飲酒による頭痛をタイプ別に見てみましょう。

 

血流が活発になりすぎる

 

飲酒ですぐに頭痛が起きるタイプは、もともとアルコールが体に合わないということが考えられます。早くアルコールを体外に出してしまいたい、体がそう受け止めるために頭痛が発生するのです。

 

そのメカニズムは、血流をよくするために血管が拡張されて神経を押し付けるというものです。血流がよくなれば新陳代謝が上がるのでアルコールは体外に排出されるのが早まるかもしれませんが、頭痛のような副作用が出てしまうのでは困りますね。

 

体は毒物を外に出そうとしているだけなので、責めることはできません。アルコールに弱い体質だと思ったら、水と交互にお酒を飲む、あまり飲まないようにするなどの工夫も必要です。

 

二日酔いによる頭痛

 

アルコールに弱い人でなくても、体は肝臓内で代謝したアルコールのカスをなるべく早く外に排出させようとします。

 

しかしアルコールを分解する時点では、アセトアルデヒドという有害物質が発生します。アセトアルデヒドが体内に残っていればいるほど、頭痛をはじめとした二日酔いが強くなるのです。

 

早めにアセトアルデヒドを排出させるには、水をたくさん飲んでおくこと、安静にして休む方法などが挙げられます。アミノ酸を多く含むしじみ汁が良いのは、アセトアルデヒドの分解を助けてくれるためです。