頭痛は遺伝する?

頭痛の中でも、偏頭痛は遺伝によって起こる確率が高いといわれています。その確率たるや5割にもおよぶといいますから、かなりの高確率です。家族に頭痛持ちの人がいたら、注意したほうがいいでしょう。

 

隔世遺伝のケースも

 

お母さんが偏頭痛になりやすい体質で、その子供がやはり偏頭痛を引き起こしやすいということはよくあります。

 

仮に親が頭痛持ちではなくとも、おばあさんが頭痛になりやすく隔世遺伝をしたというケースもあります。なぜお母さんやおばあさんなのかといえば、偏頭痛は女性に多い頭痛だと考えられてきたからです。女性ホルモンの乱れによって起こることが多い偏頭痛ですが、近年では男性にも増えているといわれます。

 

今は女性からの遺伝というように解釈されることが多くても、いずれはお父さんから頭痛が遺伝したなどという考え方も出てくるかもしれません。

 

家族内の環境遺伝

 

遺伝には、DNAの問題だけでなく環境遺伝ということもあります。同じ生活をしている家族が、家の中の環境や食生活を共通することによって同じ病気にかかりやすくなるという現象です。

 

この場合、遺伝だからとあきらめずに生活習慣や食生活を改善していけば、十分に頭痛を回避できる望みがあります。もちろん、DNA遺伝の場合でも、規則正しい生活と食事を続けていくことは大切です。

 

頭痛の多くが、食事の栄養バランスや生活習慣を原因にして発生しています。ということは、頭痛の原因をなるべく取り除くようにすれば、慢性的な頭痛からも突発的な頭痛からも解放される確率は高くなるわけです。生活の仕方ひとつで辛い頭痛を予防することができるなら、試してみない手はありませんよね。