頭痛は冷えから発生?

頭寒足熱というように、頭痛や発熱が起こったら頭を冷やして足元を温めるとよいという考え方があります。

 

しかし、頭痛の種類によってもこの対処法には微妙な違いがあるのです。ここでは、冷えから起こる頭痛についてお話しましょう。

 

冷えによって起こる緊張型頭痛

 

必ずしもというわけではありませんが、身体が冷えることによって頭痛が発生するケースがあります。これは緊張型頭痛に起こりやすい特徴で、血管や筋肉が収縮したために生じます。

 

寒いところで長時間過ごしたり、冷房のきいたところに長くいるときには、防寒対策をしっかり行いましょう。
また、血管が収縮したところから急に温かいところに出ると、一気に血管が拡張することで起こる頭痛もあります。

 

いずれにしても、普段から頭痛を起こしやすい人は気温や室温の変化に敏感になっておいたほうがよさそうです。

 

温熱によって起こる偏頭痛

 

一方、偏頭痛は身体を温めることによって起こるケースが多いといわれています。身体が温まりすぎたり、あるいは寒いところから急に温かいところに出たときなどによく発生します。そんなときは、動脈を冷やすようにすると頭痛を軽減できる可能性があります。

 

耳の穴より少し上のあたりを冷やして、頭痛がおさまるかどうか試してみてください。偏頭痛のときは、熱いお湯につかると余計に頭痛が悪化する確率が高いです。

 

直射日光なども避けたほうがよいので、やはり慢性的に頭痛を引き起こしやすい人は身体を一定の体温に保つことを心がける必要があるといえます。快適な体温を保っていれば、頭痛をはじめとした諸症状に悩まされることも減るでしょう。