頭痛の薬物療法

頭痛が発生したときに飲む薬には、市販薬でもいろいろな種類があります。しかし、慢性的な頭痛に悩まされている人の中には、市販の頭痛薬が効かないこともあるでしょう。

 

医師からの処方薬として存在する治療薬もあるため、ここでは頭痛薬についてお話しましょう。

 

鎮痛系の頭痛薬

 

アスピリンなどに代表されるように、頭痛が起きたときに痛みの症状を緩和させる薬があります。市販の頭痛薬などは、これに当たります。

 

頭痛のもとというよりは、痛みの症状を軽減させることに焦点が当てられています。これに対して、頭痛を引き起こしている原因である血管の拡張を抑えることにターゲットを絞った薬もあります。

 

トリプタン系の頭痛薬

 

頭痛薬というと飲み薬をイメージする人が多いでしょうが、トリプタン系の頭痛薬には注射薬と内服薬があります。

 

特に偏頭痛に有効とされていて、頭痛が起こってからなるべく早く薬を用いるようにすると大きな効果を発揮してくれます。

 

もしも生活に支障をきたすほどの頭痛に慢性的に悩まされているというのであれば、トリプタン系の頭痛薬の処方を相談してみるとよいでしょう。

 

この薬は血管の太さを正常な状態にする作用があり、血管が収縮してくると痛みを出していた物質まで抑えてくれます。一挙両得の効果があるので、他の薬で効き目がなかった人は試してみる価値大です。ただし、医師の処方による薬ですから、使用法や使用量については医師の注意をよく守ることも大切です。

 

 

いきなる起こって立っていられなくなるほど苦しむこともある頭痛、水なしでも飲めるようなトリプタン系の頭痛薬もあるといいます。