偏頭痛の症状

偏頭痛には、実際に頭痛が起きる前に前兆を感じる人が多いといいます。他の頭痛とは異なる特徴を持つ偏頭痛について、ここでは取り上げてみましょう。

 

偏頭痛の症状

 

偏頭痛とは、頭の片方ないし両側がズキンズキンと痛んでくる頭痛です。定期的な頻度で発生するという人も多く、痛みの激しさに立っていられなくなるほどの人も少なくありません。

 

どんな痛みも日常生活に支障をおよぼす可能性があるため、偏頭痛もなるべく予防していきたいものですね。偏頭痛の場合、吐き気を伴ったり、実際に嘔吐してしまう人もいます。

 

命に関わるような頭痛ではありませんが、嘔吐するような頭痛には誰でも不安を感じます。光や音に過敏に反応してしまう症状も出てくるため、頭痛が起きたらうすくらい静かな場所で安静にすることが大切です。

 

偏頭痛の前兆

 

必ずしも前兆があるとは限りませんが、偏頭痛には前触れを感じる人もいます。その兆しとは、光がチカチカとまぶしいように感じる、いなずまのようなものが視野に入ってくる、視界が狭まるなどが代表的です。

 

この症状が数分から1時間程度続いてから、偏頭痛がやってくるのです。また、手足がしびれるような人もいて、前兆といっても一概に整理できません。

 

頭痛の前には、倦怠感やイライラ、甘いものがほしくなる、むくむ、眠気、食欲が旺盛になるなどの現象が出てくることもあります。

 

つまりは、エネルギーが足りなくなって栄養源をほしくなるか休息したくなるいうところでしょうか。こうした兆候があったときにも、なるべく早めに食事を適度にとったり休んだりするなどの対策をとったほうがいいでしょう。
起こってしまってからでは辛いので、予防を心がけるのが一番です。